読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OneDrive picker and saver for AndroidをAndroid Studioで起動させてみた

f:id:sakage24:20170516182618p:plain
突然アプリ開発を思い立ったので備忘録がてらメモをしておく!OneDrive APIを利用するための最低限しなきゃならない手順を紹介します。

スポンサーリンク

構想

  • ウィジット型
  • タップするとOneDrive上の指定したファイルの内容をコピーする

必要なこと

  • One Driveにアクセスする
  • 任意のファイルを参照できる
  • コピーする

たったこれだけですが、開発素人には訳わかめでしたw正直まだ無理そうなので、sampleとして公開されているOneDrive picker and saver for Androidを試しに起動してみることに。流れとしては

  1. MSにアプリ情報を登録してアプリ / クライアントIDを発行してもらう
  2. sampleファイルのPickerMain.javaに先程発行したidを書き加える

これだけです。必要なことは
dev.onedrive.com
ここに全部載っていますが、英語です!で、ですよね~

アプリ情報をMSに登録しよう

OneDriveに接続するには、まずアプリケーションの情報をMSに登録しなければなりません。
dev.onedrive.com
ここに手順が載っています。もしくはここをクリック!登録が終わったら、IDを控えておきましょう。

f:id:sakage24:20170516194445p:plain

Android StudioにOneDrive picker and saver for Androidをインポート

sampleのzipをダウンロード。解凍しておくこと。
File→new→import projectから解凍したルートディレクトリを指定。

PickerMain.javaを開き、先ほど控えたアプリIDを追記する

C:\Users\あなたのUSER名\AndroidStudioProjects\onedrive-picker-android-master\PickerSample\src\com\example\onedrivesdk\pickersample\PickerMain.java

を開く。ctrl+Fを押下してONEDRIVE_APP_IDを検索。

private static final String ONEDRIVE_APP_ID = "48122D4E";

ONEDRIVE_APP_ID = "48122D4E";を以下の通りに置換する。

private static final String ONEDRIVE_APP_ID = "先ほど控えたアプリID/クライアントID";

以上で起動するはず。おおーってなりますね。Android Studio周りはまだ説明できるほど詳しくないので割愛。初回はupdate祭りになると思いますw

終わり

とりあえずsampleは起動できたので、ここから自分のやりたいことを勉強していけば良いのかな?しかし、昔はEclipseに色々設定落とし込んで開発したような記憶がありますが、今は数クリックで開発環境構築できていいですね。

しかし、Layoutやら何やら、複雑なのは変わりないんですね。もっと簡単になってくれ~。

TECHNICAL MASTER はじめてのAndroidアプリ開発 第2版 Android Studio 2対応

TECHNICAL MASTER はじめてのAndroidアプリ開発 第2版 Android Studio 2対応

スポンサーリンク

スポンサーリンク